1999〜2021年

品別国別輸入通関実績

税関別輸入通関実績

油糧生産実績

配合混合飼料

過去記事データ

 

日刊 毎日経済通信−飼料畜産特報−

>>2020年8月2付オンライン記事
シカゴとうもろこし定期、小麦高に追随して続伸
29日トウモロコシ換算価格4万2,800円と100円高
六月大豆ミール輸入量14万9,749トンに減少
本日の相場

>>2020年7月30付オンライン記事
シカゴとうもろこし定期、作柄悪化懸念に反発
28日トウモロコシ換算価格4万1,600円と300円安
6月とうもろこし輸入量92万6,000トン
本日の相場

>>2020年7月29付オンライン記事
シカゴとうもろこし定期、利食い売りに反落
27日シカゴ大豆粕価格5万9,100円と前日比100円安
カナダ新穀菜種生産前期比増加も下振れ懸念
本日の相場

>>2020年7月28付オンライン記事
シカゴとうもろこし定期、堅調な輸出に反発
26日トウモロコシ換算価格4万1,900円と100円高
インド大豆作付進捗面積前期比八・七%減少
本日の相場

>>>(続きはこちら...)

 

日刊 油脂日報

*油脂日報はオンラインサービスを行っておりません

>>2021年7月30日付主な記事
上半期大豆輸入量165万トン5%減少、菜種121万トン6%増
  平均輸入単価、大豆、菜種ともに7万円台と大幅上昇

2021年カナダキャノーラ品質分析結果
   油分43・98%と2013年以来の低水準に
上半期大豆・菜種税関別輸入量、大豆は横浜、菜種は神戸がTOP

>>2021年7月29日付主な記事
第45回日加菜種予備協議、今年もWEBで開催
  菜種生産量2,116万トンも7月の天候悪化に下方修正も

米国産大豆イールド悪化懸念
アグリカナダ、21年度菜種生産量1,988万トンに下方修正

>>2021年7月28日付主な記事
ADEKA、9月より油脂加工製品価格改定実施
5月大豆粕配合率12・7%と前月比上昇、菜種粕4・8%変わらず
米週間輸出検証高大豆前週比増加

>>2021年7月27日付主な記事
6月植物油JAS格付実績11万3千トン13・9%増加
  上半期累計実質64万1,213トン前期比5・6%増加
米週間輸出成約高大豆前週比減少
6月外食産業売上前年比0・1%増も依然厳しい状況続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       


おしらせ  

インターネット会員募集中!


情報の投稿等おまちしております


イベント/スケジュール  


 
.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 












会員情報
 
 

こちらから入室してください
 
 

ご入会はこちらから
 
 

 


案内  

刊行物紹介
___弊社発行の刊行物の紹介です

新聞購読お申込み
___新聞のお申し込みはこちら

新聞見本お申込み
___お試し無料購読はこちら

ネットサービスのご案内
___インターネットサービスのご案内

ネット会員入会お申込み
___オンラインサービスのお申し込み
___ご利用規約はこちらです

会社案内
___弊社会社案内です