1999〜2021年

品別国別輸入通関実績

税関別輸入通関実績

油糧生産実績

配合混合飼料

過去記事データ

 

日刊 毎日経済通信−飼料畜産特報−

>>2020年6月14付オンライン記事
シカゴとうもろこし定期、予想以上の在庫下方修正に続伸
10日トウモロコシ換算価格4万6,500円と600円高
強気な需給レポートも、月末レポートが焦点
本日の相場

>>2020年6月11付オンライン記事
シカゴとうもろこし定期、ホット&ドライ予報に続伸
9日シカゴ大豆粕基準価格6万4,100円と600円高
米産コーン期末在庫下方修正か
本日の相場

>>2020年6月10付オンライン記事
シカゴとうもろこし定期、作柄悪化報告に上伸
8日とうもろこし換算価格4万6,200円と200円安
中国5月大豆輸入量961万トン
本日の相場

>>2020年6月9付オンライン記事
シカゴとうもろこし定期、天候懸念も現物安に区々
7日シカゴ大豆粕基準価格6万4,800円と前日比300円高
米国産コーン作柄悪化懸念更に強まる
本日の相場

>>>(続きはこちら...)

 

日刊 油脂日報

*油脂日報はオンラインサービスを行っておりません

>>2021年6月11日付主な記事
ADEKA20年度業績、食品は苦戦と健闘両面も減収減益
  21年度はライフサイエンス事業減益で微増収大幅減益見通し
インド大豆作付10%以上増加も
マレー5月末パーム油在庫157万トン前月比微増も予想下回る
4月綿実輸入量9,551トン前年比24・6%増加

>>2021年6月10日付主な記事
豪州新穀菜種生産予想421万トンと2年連続400万トン台に
  旧穀綿実生産86万トンと大幅増加も、世界的な供給逼迫続く
マレーシア5月パーム油生産7%増加
令和2年度大豆粕配合率12・9%前年比0・4%上昇
大豆たん白売上目標20億円

>>2021年6月9日付主な記事
昭和産業2022年3月期油脂食品売上高99億円と増収見込む
  ボーソー油脂は100億円程度寄与に
中国5月大豆輸入量691万トン
米国産大豆作柄前期比5%悪化、ドライ天候に更なる悪化も
昭和産業大豆たん白製品価格改定

>>2021年6月8日付主な記事
マレー5月末パーム油在庫164万トンと8カ月高水準予想
  4千リンギットが下値抵抗線も、大豆油高が今後もサポート
米週間輸出成約高大豆低調
豪州菜種輸出300万トン超も
2020年度の家庭用食用油の市場規模が1,600億円を突破

>>2021年6月7日付主な記事
4月家計調査、消費支出額前年同月比13%の増加
  食用油支出は前年の反動から14・8%減少
ブラジル記録的な降雨不足に
FAO5月植物油価格指数174・7前年比2・2倍に
理研農産化工3月決算減収減益

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       


おしらせ  

インターネット会員募集中!


情報の投稿等おまちしております


イベント/スケジュール  


 
.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 












会員情報
 
 

こちらから入室してください
 
 

ご入会はこちらから
 
 

 


案内  

刊行物紹介
___弊社発行の刊行物の紹介です

新聞購読お申込み
___新聞のお申し込みはこちら

新聞見本お申込み
___お試し無料購読はこちら

ネットサービスのご案内
___インターネットサービスのご案内

ネット会員入会お申込み
___オンラインサービスのお申し込み
___ご利用規約はこちらです

会社案内
___弊社会社案内です